お問い合わせ 会社概要

他人事にしないキャッチコピー

こんにちは、スタッフのかねこです。
5回目の更新。よかった、続いています。

広告、つくっていますか。今回はキャッチコピーのターゲットのはなしです。
フェイスブックの更新も、ホームページの更新も文章を書くときにどこか他人事になっていませんか?
 

皆に届くのではなく、ある一人に届く言葉を

『君とってもかわいい、美人だね。』
なんて、いい言葉に聞こえるかもしれませんが、
これを100人の女性に言う人は、あんまり信用できませんね。
それ誰にでも言ってるでしょう?ってなっちゃいますね。

『その新しいヘアスタイル、新鮮でいいね!』とか
『今日のコーディネートは、あなたのクールな雰囲気にぴったりでおしゃれだね!』とか
『今日の靴は一段と似合ってるね!』とか、

具体的で、自分に対してだけ言われたもののほうが、
言われた方はずっと気持ちがいいです。

同じ文章で書かれた多くの人向けのラブレターよりも
ある人に書かれた1通のラブレターの方が訴求力があるということです。
 

ターゲット像をより具体的に絞ると『その人』に届く

キャッチコピーもこれと同じで、相手が誰でもいい言葉より、
誰か一人に届けたい言葉の方がずっと効果があります


同じ商品をセールスするときも、冒頭に入れる言葉ひとつでターゲットをグッと絞ることで
『今これはあなたに届けています』という訴求力がアップします。
 

『これを見ているあなた』

『これを見ている主婦のあなた』

『これを見ている40代主婦のあなた』

『これを見ている新潟県在住の40代主婦のあなた』
…etc
 

どんどん具体的にしていきましょう。

無差別1000人が同じキャッチコピーを見て、1人しか『自分の事だ』と思えないより
ターゲットに該当する100人のうち1人が『自分の事だ』と思える、
これは単純に1/1000の反応率が1/100になるわけですから、
効果が10倍に跳ね上がっているということになります。
 

ターゲットを具体的に絞ったら、その人に向けたラブレターを作る

具体的な相手が決まったら、あとは広告する媒体です。
今は様々な統計から、ユーザーの年齢、性別、興味のある分野を絞り込むことが容易になりました。

例えばtwitterのコアユーザー。
『18歳から24歳』の『日本人』の『男女』のうち40%以上が
月に何度もtwitterにアクセスして何かを発信しています。(2015年のWEB調査より)

つまり、この年齢層に受けてほしい商品を取り扱っているなら
Googleに広告を出すよりも、ツイッタープロモーションの方が
反応率がいいかもしれません。

今年話題になった『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』というアニメ映画は
最初から『郊外に住む』『スマホを持っている』『動画を楽しんでいる』『中高生』をターゲットとして、
Youtube、スマートフォン上の広告のみに絞ったことで
とても高いコンバージョン率(反応率)をたたき出しています。

参考:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1606/14/news033.html

見てほしい相手によって広告の形や出す場所を変えることが、
今後はもっと当たり前で、具体的になっていくと考えられています。

あなたの会社の商品・サービスは『誰』に届けたいですか?

Written by:

お問い合わせフォーム

ホームページで本気で成果を求めるなら!
私たちはお客様の事業の成功につながるホームページ制作・デザインをご提案いたします。
ホームページを単なる宣伝物と終わらせないために…。見積り・ご相談は無料です。

電話とFAXでのお問い合わせ お問い合わせ